リフォーム

中古マンションをリノベーションするときの流れ

中古マンションをリノベーションするときの流れ

 

1中古マンションを探す

まずは情報収集からスタートです。物件検索サイトや情報誌で多くの物件を見るうちに、予算に応じたエリア・間取り、駅からの距離などの相場観がつかめてきます。何を優先させるか条件を決めながら、複数の物件を検討しましょう。また、最近では仲介会社が物件の購入とリノベーションを一介して行ってくれる場合もあるので、そのような仲介会社に探してもらう方法もあります。

またマンションの場合、管理規約等でリフォームに関する決まりが定められている場合があるので、希望のリノベーションができるかどうかの確認をしましょう。

 

2リノベーション会社を探す

物件探しと並行して依頼先を探しましょう。事前に資料請求したり、リノベーション会社のホームページなどで施工例を見てスタイルや価格をチェックしましょう。資料だけではなく、実際に施行中の物件や完成後の住宅を公開するオープンハウスを見にい行くと、より具体的にリノベーションのイメージが具体的になります。

 

3物件を決める、リノベーションプランを依頼する

物件が決まったら、複数のリノベーション会社にプランとスケジュールなどの要望を伝えます。このとき、契約前のプラン提案であっても、費用が発生する場合があります。

 

4リノベーション会社を決める・契約

自分の好きなテイストへの提案力や価格、担当者の対応などを総合してリノベーション会社を決めましょう。具体的なプラン、見積もり、スケジュールなどを確認し、工事請負契約を結びます。

 

5ローン手続き

中古物件の購入には、不動産会社が提携している金融機関のローンを利用する場合が多いです。リフォームローンを借りる場合には、銀行ローン、信販ローンなどから選択しします。また、物件が早めに決まれば物件購入ローンに組み込むことも可能です。

 

6リノベーション工事

物件の引渡しを受けたら、リノベーション会社による工事が始まります。一般的には30日間くらいですが、スケルトン工事の場合は1ヶ月半~2ヶ月くらいの工事期間が必要です。

 

7完成

工事が完了したら、不備は無いかの確認、保証制度やアフターフォローについての説明を受けて引き渡しとなります。リノベーション工事が完了することでリノベーション分のローンが下りるので、リノベーション会社に費用を支払います。

 

8入居

入居後に気になる点が出てくるかもしれません。会社ごとに定められた保証制度を確認し、すぐに連絡しましょう。保証内であれば、交換や修繕が行われます。

 

 

中古マンションの購入からリノベーション会社選び、引き渡しまでの流れを簡単に紹介しました。物件探しには最低3ヶ月程度は必要です。早い段階でリノベーション会社を選んでおくと、より効率よく進めることができます。

自分好みの満足できる住まいを手に入れるため、段取りを確認しておきましょう。

 

 

 

関連記事

  1. 素材から選ぶ浴室(壁・浴槽・床)
  2. 場所によって使い分けるのがおすすめ!窓ガラスの種類と特徴
  3. 浴室|オプション設備
  4. 引き続き人気の中古マンション・リノベーションマンション
  5. 耐震リフォームの補助金制度
  6. 住まいの外壁選び・種類と特徴
  7. 床暖房の種類と特徴
  8. フローリングの選び方|種類と特徴

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP