家具

家具選びの基本ポイント~ベッド選びのポイント

ベッドサイズについて

ベッドを購入する際一番に考えなければいけないのは寝室の広さです。6畳あればシングルサイズを2台置くことが可能ですが、ドアの位置や梁の位置によっては難しい場合もあります。部屋を測っておきましょう。

セミシングル(SS) 80~90cm×200cm
シングル(SS) 100×200cm
セミダブル(SD) 120×200cm
ダブル(D) 140×200cm
クィーン 160×200cm
キング 180×200cm

ベッドは眠る方の身長と体型を考えながら選んでゆくのが基本です。仰向けで横になって、立ち姿と同じまっすぐな寝姿勢をとった時に、体に負担がかかっていない状態であることがポイントになります。質のよい睡眠を取るためには、できるだけ大きなサイズのベッドがおすすめです。

お二人分のベッドを選ぶ場合、ダブルベッドか、シングルを二つ用意するかの選択は好みによることも大きいでしょう。ダブルの場合でも、二人分の身幅が十分 なサイズであることを配慮したいですね。 必要なスペースとしては、仰向けに寝た時のふたりの身幅分に、それぞれ最低15cmあるとよいでしょう。

シングル1台
ナイトテーブルを置いて最低150×250センチのスペースが必要です。4畳半の部屋の場合はほとんどがベッドに占領されます。

ダブル1台
ダブルの場合も4畳半に配置できますが、ふたりで使用することを考えて両サイドにナイトテーブルを入れるとかなり部屋が狭くなります。ドアの位置によっては不可能な場合も。6畳以上あればゆったりと置くことができます。クローゼットなどの扉付き家具とベッドの間は最低90センチスペースをとらないと動作に支障がでます。

シングル2台
ベッドを離して配置する場合、通路やナイトテーブルの置き場を確保すると最低6畳以上のスペースが必要です。さらにドレッサーなどの家具を配置したい場合には8畳くらいのスペースがよいでしょう。

シングル2台
ベッドをつなげて配置する場合、両サイドにナイトテーブルを置くのであれば8畳以上のスペースが欲しいものです。

 

機能で選ぶ

フラットタイプ
フラットタイプは、ヘッドボードが一枚の板のようなもので最も一般的なタイプです。シンプルかつ、デザイン性豊かなものがとても多く、インテリア好きな人に好まれます。 圧迫感がなく見た目もスッキリしていて、キャビネット付きに比べ場所を取りません。

キャビネット付ベッド
キャビネット付ベッドとは、枕元に棚の付いているベッドです。メガネや携帯電話・ 読みかけの本などを置くことができるので、ちょっとした棚があると便利です。
照明付のタイプもありますので、暗い寝室でもお手洗いに行く際など、足元の安全を確保できます。

引き出し付きベッド
引き出し付きベッドは、日本の狭い住宅事情を反映させ人気があります。キャスター付き引き出しのキャスターは床の上を転がすため部屋のホコリが入りやすいです。ホコリを吸いやすい衣類の収納は慎重にした方が良いでしょう。
床板を外すと、ゴルフバッグやスキー板などの長い物を収納するスペースがあります。
忘れてはいけないことは、引き出しを開けるスペースの確保。せっかく買ったのに充分開かないのでは便利さ半減です。購入前に引き出しの奥行きを確認して、開閉スペースの余裕を取った部屋のレイアウトを行いましょう。

ガス圧収納ベッド
ガススプリングと組み合わせてマットレスを支えるボトムごと蓋のように持ち上げてベッドフレーム内を収納場所とするものです。
引き出しつき収納ベッドは便利ですが、狭い部屋に置くと引き出しを開けられないことがあります。引き出しは奥行きが40cm前後ありますので、開閉用スペースが最低50cmないと、奥にしまった物が取り出せなくなります。
その点、床板を上に跳ね上げて物をしまうガス圧収納ベッドは、周りが壁や窓でふさがっていても開閉に不自由しません。
狭くて引き出しを開けるのに不自由だけど、どうしてもベッド下収納が欲しい。そんな人に向いています。
女性の力でも、布団やマットレスがのった床板を軽々と持ち上げることができます。ガス圧収納ベッドを選ぶ時は、収納したいものの目星をつけておきましょう。開け閉めがわりと簡単なガス圧式でも、週に何回も開けるのは面倒です。本や衣類の収納は、除湿剤を併用するなどして湿気で傷むのを防ぎましょう。

ソファベッド
「就寝時はベッドに、昼間はソファに」と広くない住いのスペースを有効に利用するために、ソファベッドは魅力に映ります。ソファベッドの形式として縦のラインで折れるもの、横のラインで折れるものなど、様々な形態があります。
スペースがない場合には有効的ですが寝心地は決してよいものではありません。基本的にソファベッドは「非常用」と考えた方がよいと思います。

 

素材で選ぶ

ベッドは寝心地はもちろん大切ですが、デザインや見た目の心地よさも快適な空間作りにつながります。ベッドは存在感が大きいので寝室のインテリアを大きく左右します。クロスやじゅうたんの色との調和やナイトテーブルなど他の家具とのバランスも考えて素材を選びましょう。
・木製
・レザー張り
・布素材
・アジアン素材

 

マットレスについて

寝心地を左右するポイントは何と言ってもマットレスです。主流はスプリングタイプですが、最近はウォーターベッドや低反発フォームなどの人気も高まっています。
フレームとセットになっているものがありますが、たいていは数種類からマットレスを選べるので、実際に横になって寝心地を調べましょう。
心地良く眠れるマットレスの硬さは好みにより異なりますが、基本的には1点に圧力が集中しないもの、つまり体圧分散のよいものが血流を圧迫せず、快適に眠れるといわれています。

ボンネルタイプ
中央部がくびれたらせん状に巻いたスプリングを横に連結したもので、芯 は硬く表面は適度なクッション性を保っています

ポケットコイル
ひとつひとつのスプリングが小袋に入り袋同士をつないでいるもの。横揺れが少ない。

高密度連続コイル
1本の鋼鉄を高密度で編み上げたコイルを使用。正しい姿勢をキープすることが可能。

ウォーター
水の入ったバッグをマットレスとして使用。身体を無理なく包み、温度調節もできる。骨格を正常な状態に保ったまま自然な寝姿勢を保てるので、 腰痛がやわらぐともいわれています

ジェル
ゼリー状の液体を入れたバッグをマットレスとして使用。寝返りなどの横揺れが気にならない。

低反発フォーム
NASAで宇宙飛行士を重力の衝撃から守るために開発された素材で体圧を均等に支える。
床ずれ防止に効果があり、医療の現場でも用いられています。

 

関連記事

  1. ベッド
  2. 家具選びの基本ポイント~ローテーブル選びのポイント
  3. 築10年以上、気分一新、内装を新しく!!
  4. ソファ
  5. 家具選びの基本ポイント~ダイニングチェア選びのポイント
  6. カーテン
  7. 新しい生活の家具選び・一人暮らし編
  8. おすすめLEDシーリングライト

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP