その他

ブロック塀、コンクリートブロック塀等について

6月18日に大阪北部で発生した地震により、ブロック塀が倒壊し2名の方が亡くなられる事故が発生しました。

今回のニュースで、ブロック塀の基準は建築基準法施行令に規定があることを初めて知った方も多くいると思います。

自分の所有するブロック塀、近隣のブロック塀に危険な個所が無いか、下のチェックポイントを用いてチェックしましょう。

年数が経過しているブロック塀は十分にチェックが必要となりますし、一見安全そうに見えるブロック塀や、10年以内など比較的新しいものであっても、建築基準法に違反した構造になっている場合があるので、よく確認しましょう。

 

建築基準法施行令

組積造のへい

第61条 組積造のへいは、次の各号に定めるところによらなければならない。

  1.  高さは、1.2m以下とすること。
  2.  各部分の壁の厚さは、その部分から壁頂までの垂直距離の1/10以上とすること。
  3.  長さ4m以下ごとに、壁面からその部分における壁の厚さの1.5倍以上突出した控壁(木造のものを除く。)を設けること。ただし、その部分における壁の厚さが前号の規定による壁の厚さの1.5倍以上ある場合においては、この限りでない。
  4.  基礎の根入れの深さは、20cm以上とすること。

第62条の8 補強コンクリートブロック造の塀は、次の各号(高さ1.2m以下の塀にあつては、第五号及び第七号を除く。)に定めるところによらなければならない。ただし、国土交通大臣が定める基準に従つた構造計算によつて構造耐力上安全であることが確かめられた場合においては、この限りでない。

  1.  高さは、2.2m以下とすること。
  2.  壁の厚さは、15cm(高さ2m以下の塀にあつては、10cm)以上とすること。
  3.  壁頂及び基礎には横に、壁の端部及び隅角部には縦に、それぞれ径9mm以上の鉄筋を配置すること。
  4.  壁内には、径9mm以上の鉄筋を縦横に80cm以下の間隔で配置すること。
  5.  長さ3.4m以下ごとに、径9mm以上の鉄筋を配置した控壁で基礎の部分において壁面から高さの1/5以上突出したものを設けること。
  6.  第三号及び第四号の規定により配置する鉄筋の末端は、かぎ状に折り曲げて、縦筋にあつては壁頂及び基礎の横筋に、横筋にあつてはこれらの縦筋に、それぞれかぎ掛けして定着すること。ただし、縦筋をその径の40倍以上基礎に定着させる場合にあつては、縦筋の末端は、基礎の横筋にかぎ掛けしないことができる。
  7.  基礎の丈は、35cm以上とし、根入れの深さは30cm以上とすること。

 

ブロック塀点検のチェックポイント

図出典:パンフレット「地震からわが家を守ろう」日本建築防災協会2013.1 より一部改

1.塀は高すぎないか ・塀の高さは地盤から2.2m以下か。

2.塀の厚さは十分か ・塀の厚さは10cm以上か。 (塀の高さが2m超2.2m以下 の場合は15cm以上)

3.控え壁はあるか。 (塀の高さが1.2m超の場合) ・塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した 控え壁があるか。

4.基礎があるか ・コンクリートの基礎があるか。

5.塀は健全か ・塀に傾き、ひび割れはないか。

<専門家に相談しましょう>

6.塀に鉄筋は入っているか ・塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも 80cm間隔 以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、 横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。 ・基礎の根入れ深さは30cm以上か。 (塀の高さが1.2m超の 場合)

 

組積造 (れんが造、石造、鉄筋のないブロッ ク造) の塀の場合

1.塀の高さは地盤から1.2m以下か。

2.塀の厚さは十分か。

3.塀の長さ4m以下ごとに、塀の厚さの 1.5倍以上突出した控え壁があるか。

4.基礎があるか。

5.塀に傾き、ひび割れはないか。

<専門家に相談しましょう>

6.基礎の根入れ深さは20cm以上か。

 

ひとつでも不適合があれば危険なので改善しましょう。また、わからないことがあれば専門家に相談しましょう。

関連記事

  1. アスベストとは?アスベストが使われている建物なのかどうか?
  2. 競売物件のメリット・デメリット
  3. 境界確認をして未然にトラブルを回避
  4. 不動産競売のしくみと流れ
  5. 平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例
  6. 断熱改修後に起床時の血圧が有意に低下(国土交通省)
  7. 2017年の路線価~銀座の路線価はバブル期を超えて過去最高に
  8. 再生可能エネルギーで地球にやさしい家づくり

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP