リフォーム

住まいの外壁選び・種類と特徴

外壁の種類と特徴

 

紫外線や風雨、雪、厚さ、寒さ、騒音など、すべての外部環境から暮らしと住まいを守る大切な役割を担うのが、屋根と外壁です。これらの建材を選ぶには、対候性、耐久性、耐水性、遮音性、断熱性などの性能のチェックが欠かせません。外壁や屋根は、住まいの外観デザインを決定づける重要な要素でもあります。

風雨など、外気の気候条件から家の中を守り、外部からの敵の侵入を防ぎ、暮らし・住まいを守るなど、外壁は多くの役割を果たします。日本の家の外壁材には、昔から木や土などが使用されてきましたが、技術の進歩によって、今では様々な種類の外壁材が普及しています。

 

耐久性があるモルタル

砂とセメントを混ぜて水で練ったものをモルタルといいます。仕上げ用、下地用、張り付け用、保護用など用途が広く、使い勝手が良いのが特徴です。「塗り壁」と呼ばれることもあります。

外壁工事では下地板に防水紙を貼り、その上にラス網という金属製の網を張り、その上にモルタルを塗りつけます。耐久性、通気性に優れています。塗りつけの作業は職人が行うため、出来栄えは職人の腕に左右されることもあります。

 

工事が簡単なサイディング

外壁に張る仕上げ用の板材を「サイディング」といいます。板、合板、ボードなどの木質系のほか、レンガやタイルなどの窯業系、アルミやステンレスなどの金属系建材があります。

・木質系サイディング
ヒノキ、ヒバ、カラマツなどが素材の、木の風合いを生かしたサイディングです。板張り独特の温かみのある仕上がりになります。

・窯業系サイディング
セメントを主原料として高圧成形したものです。色もデザインも豊富にあり、レンガタイル風、割石風など多様な商品があります。防火性能が高く、耐久性に優れ、施工も簡単なことから外壁として広く使用されています。欠点としては、裏面から雨水が入り込み凍結拡張して、サイディングに亀裂が入ってしまうことがあげられます。

・金属系サイディング
アルミ、ステンレス、銅、ガルバリウム鋼板などの金属板を焼成、塗装、天然石の粉の被膜で表面化粧したものです。裏には断熱材、遮音材が詰められています。スタイリッシュな雰囲気になるこのガルバリウム鋼板系のサイディングは最近人気がでてきています。安価で軽量、曲げ折り加工にも対応できます。

・セラミック系サイディング
タイルやレンガを製造するように自然の土を、1,200~1,300度の高温で焼いてつくった陶磁器タイルのサイディングです。色褪せもせず、剥げることもないので、窯業系より性能に優れます。

 

ALC

軽量気泡コンクリートといい、金属製のワイヤーメッシュが入っていて、引っ張る力にも、圧縮力にも強い構造になっているコンクリート板で、コンクリートよりも安価です。
細かい気泡を含むため、軽く、壁自体が呼吸していて、木材同様に調湿機能、断熱性があります。耐火性にも富み、軽量で加工も簡単です。
弱点は衝撃に弱いこと。吸水性が高いため、外壁として用いる場合は防水性の高い塗装で補う必要があります。

 

 

無垢板張り

防火・準防火地域では規制の為外壁を木の板張りにはできません。しかし、技術の向上によって耐火性に優れた無垢板の開発が進み、防火・準防火地域でも使用できる無垢板の外壁もあります。多くの場合、上壁を漆喰壁にして、腰壁だけを板張り壁にしていますが、味わいのある家にしたい場合などは壁全体を板張りにすることもあります。年月の経過とともに落ち着いた色合いに変化し、風合いがでてきて見た目がよくなります。

 

タイル張り

粘土を主な原料として、各種の鉱物を混ぜ、板状にして焼いた素材です。焼き方や吸水率の違いなどで磁器質、せっ器質、陶器質にわけられます。中でも磁器質、せっ器質は水分を吸いにくいだけでなく、耐候性、耐久性、耐火性に優れています。汚れが付きにくく、メンテナンス不要なのが魅力です。

 

土壁・漆喰壁

城や蔵などの壁を思い浮かべる、日本の伝統的な壁仕上げ方法です。漆喰は、消石灰を原料に、つなぎの砂やワラなどのすさ、のりを混ぜて水で練ったものです。表面はなめらかで、ヒビ、亀裂が生じにくいのが特徴です。
モルタル塗りでは出せない滑らかで柔らかな質感が出ます。水や湿気に弱いので、外壁に塗る場合、雨のかからない軒下などに用います。

 

価格、メンテナンスサイクル、デザイン性などをよく確認し、外壁を選ぶとよいでしょう。

 

 

関連記事

  1. 床暖房の種類と特徴
  2. 引き続き人気の中古マンション・リノベーションマンション
  3. 築年数でみるリフォーム時期・目安
  4. 場所によって使い分けるのがおすすめ!窓ガラスの種類と特徴
  5. 戸建てリフォームはどこまでできる?
  6. 中古マンションをリノベーションするときの流れ
  7. 耐震リフォームの補助金制度
  8. マンションリフォームはどこまでできる?

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP