住まい

グリーンのある暮らし

日々の暮らしに安らぎを与えてくれるグリーンのある暮らし。毎日を心地よくしてくれるグリーンを部屋に取り入れて、インテリアを考えてみましょう。

 

部屋にグリーンを

飾るだけで部屋の雰囲気がガラッと変わるグリーンですが、室内で育てるときに気をつけたいのが、置き場所と水やりの頻度です。

室内用の観葉植物を購入する際には、耐陰性をチェックしましょう。耐陰性の強い植物は日照時間の少ない室内でも比較的丈夫に成長します。しかし、水をあげる頻度には気をつけましょう。植物は日照によって光合成をしますが、必然的に室内にある場合には光合成の頻度は少なくなります。そうであるのに、水をあげる頻度が多いと、量が多すぎて根腐れの原因となってしまいます。

・水やりの頻度は?

土がカラカラに乾いてからあげましょう。
室内の場合、日照量が外と比べて少なく、水の量が多すぎると根腐れを起こしやすくなります。土がカラカラも乾いた状態で水をあげましょう。水を上げる際は、鉢底から水が抜け出るくらいにたっぷりと与えましょう。

 

丈夫で健やかなグリーンを育てるには、「植え替え」を忘れずに行いましょう。
できれば購入してから1~2年を目安に一回り大きい鉢に植え替えをしましょう。植え替えをしないで放置すると、根詰まりを起こし、根っこ同士が絡まってしまい枯れてしまうからです。

 

・よりおしゃれにするには?

いざ観葉植物を購入したら、最近流行りのDIYでアレンジしましょう。おすすめはオリジナルの鉢カバーです。リメイク缶や木材でオリジナルの鉢カバーを作れば、よりお洒落にグリーンを楽しめます。水に強いガーデン用の塗料もあるので、是非自分だけのオリジナルを取り入れてみましょう。

 

初心者でも育てやすいおすすめのグリーン

 

パキラ

光沢のある葉と、幹の下の部分が肥大した樹形が魅力です。温度が低くなる冬には葉を落とすことがありますが、丈夫なため、春にはまた芽を出します。耐陰性に強いため、玄関や寝室にもおすすめです。
置き場所・・日なた~日陰
水やり・・春~秋はたっぷりと、冬は控え気味に
暑さに強く、寒さに弱い

 

モンステラ

葉に切れ込みのあるユニークな姿が人気の観葉植物。耐陰性があり、暑さにも強く育てやすい。パキラ同様、玄関や寝室におすすめです。
置き場所・・明るい日陰
水やり・・生育期はたっぷりと、冬は乾燥気味に
耐寒性が弱く、5度以上は必要

 

おしゃれな多肉植物

多肉植物の寄せ植えのコツ
・多肉植物の場合、単体・寄せ植えともに、大きな鉢は不向きです。観葉植物に比べ多肉植物は水分保持力が高く乾燥に強い植物の為、排水性を高めることが大切です。鉢が大きいと土の部分が多くなり、おのずと水が溜まりやすくなってしまいます。土も観葉植物用ではなく、多肉植物用の土があるので、選ぶことをおすすめします。

 

 

 

 

関連記事

  1. 不動産・販売図面ってどう見るの?其の一
  2. 2017年マイホームはいつが買い時?
  3. タワーマンションのメリット・魅力
  4. 耐震構造・制振構造・免震構造
  5. 外断熱とは
  6. 上棟式とは?何をするの?
  7. 2018年も住宅ローン低金利は続く?
  8. 防音床と遮音床

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

知っていますか?東京都の水害・土砂災害の情報

昨今東京都でも大型の台風やゲリラ豪雨の発生の発生が増えており、被害にあいそうなときに「情報を知る」こ…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP