その他

アスベストとは?アスベストが使われている建物なのかどうか?

アスベスト(石綿)とは?

アスベストとは、せきめん・いしわたとも呼ばれ、昭和31年から平成17年に建てられた鉄骨造の建物に多く使用されてきましたが、平成18年以降使用禁止となった天然にできた鉱物繊維のことです。

天然に産する繊維状の鉱物を綿のようにもみほぐしたもののことです。耐熱性、耐久性に優れているため、断熱材や保温材などの建築材料のほか、電気製品、自動車、家庭用品等の様々な用途に用いられてきました。

また、吹付けアスベストとは、アスベスト繊維をセメントや水と混合し、吹付けたもののことで、そのうちアスベストの重量が0.1%を超えるものを指します。

 

アスベストの危険性

アスベスト繊維は目に見えないくらい細かく、軽いため空気中に飛散しやすく、人が吸入すると「肺線維症(じん肺)」「悪性中皮腫」「肺がん」を引き起こす可能性があります。

建物のどのようなところで使用されている?

天井裏、パイプスペース(P.S.)内の壁・柱・梁、駐車場、機械室等に、耐火被覆材、吸音材として使用されています。

アスベスト調査をするための補助金制度はありますか?

 

使用されたアスベストの経年劣化や損傷、建築物の解体工事によってアスベストが飛散すると、健康被害が拡大するおそれがあるため、その対策が急務となっています。

地方公共団体によっては、アスベスト対策として、建築物の所有者・管理者に吹付けアスベストに関する調査依頼及び安全指導を行ったり、既存建築物に存在する吹付けアスベストの含有調査費及び除去等工事費を助成しています。

ご所有の建築物のアスベスト対策を進めて頂くために、補助金制度のある地方公共団体の場合は、調査を依頼する前にまずは地方公共団体の担当部局に相談下さい。

地方公共団体に補助金交付の申請をし、交付決定の通知を受け取った後に、調査者と契約を締結してください。

詳細な手続きの方法や対象要件等については、各地方公共団体の担当部署に確認をしてください。

 

 

 

関連記事

  1. 競売物件のメリット・デメリット
  2. 平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例
  3. 2017年の路線価~銀座の路線価はバブル期を超えて過去最高に
  4. 境界確認をして未然にトラブルを回避
  5. 不動産競売のしくみと流れ
  6. 断熱改修後に起床時の血圧が有意に低下(国土交通省)
  7. 建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール
  8. ブロック塀、コンクリートブロック塀等について

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP