リフォーム

築年数でみるリフォーム時期・目安

築5~10年

住まいの小さな破損や汚れが目立つ時期。
入居したときとは違うと感じる部分は早めの対処が必要です。

・必要なリフォーム
ハウスクリーニング 7~12万円

・できればリフォームしたい箇所
畳の張替え 3万円

築10~15年

キッチン、トイレ、浴室などの水回りの設備が故障しやすい時期
急に壊れることもあるので費用の確保もしておきましょう。

・必要なリフォーム
ハウスクリーニング 7~12万円
畳の張替え 3万円
壁紙交換 35~50万円
ウォシュレット便座交換 5万円

・できればリフォームしたい箇所
給湯器交換 15万円
外壁塗装(一戸建ての場合)75万円
屋根の補修(一戸建ての場合)15万円

築15~20年

住まいの見えないところにも破損がでてくる時期。
戸建ての場合は土台の虫害があることも。
大きな改造が必要になる場合も

・必要なリフォーム
ハウスクリーニング 7~12万円
畳の張替え 3万円
壁紙交換 35~50万円
ウォシュレット便座交換 5万円
給湯器交換 15万円
外壁塗装(一戸建ての場合)75万円
屋根の補修(一戸建ての場合)15万円

・できればリフォームしたい箇所
ユニットバス交換 65~100万円
洗面台交換 10万円
キッチン交換 60万円
トイレ本体交換 10万円

築20年~30年

住宅の耐用年数、家族構成の変化などに対応して
大規模なリフォームを必要とする時期。
間取りの変更など増改築も視野に。

・必要なリフォーム
ハウスクリーニング 7~12万円
畳の張替え 3万円
壁紙交換 35~50万円
ウォシュレット便座交換 5万円
給湯器交換 15万円
外壁塗装(一戸建ての場合)75万円
屋根の補修(一戸建ての場合)15万円
ユニットバス交換 65~100万円
洗面台交換 10万円
キッチン交換 60万円
トイレ本体交換 10万円

・できればリフォームしたい箇所
フローリング工事 75万円
間取り変更 75万円

*金額はおおよその目安です。

関連記事

  1. 引き続き人気の中古マンション・リノベーションマンション
  2. 床暖房の種類と特徴
  3. マンションリフォームはどこまでできる?
  4. 浴室|浴槽の種類とサイズ
  5. 素材から選ぶ浴室(壁・浴槽・床)
  6. 浴室|オプション設備
  7. 上下階、二世帯住宅などでの防音
  8. 戸建てのリフォーム~間取りの変更はできる?

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP