住まい

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。

住宅ローン減税とは、住宅を新築したり、リフォームしたりした際に、ローンの残高に応じて最大で年間50万円の減税が10年間受けられるという制度のことです。

住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度です。毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます(住宅の取得対価の計算においてはすまい給付金の額は控除されます)。また、所得税からは控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されます。

引用:国土交通省すまい給付金

この、現状10年間が13年に延長されます。

10年間はこれまで通り、住宅ローンの年末借入残高の1%を所得税から控除します。11年目~13年目は、消費税の課税対象となる建物部分の購入価格の2%を3年かけて控除できる設計とし、各年で建物購入価格の2%を3等分した額と、住宅ローンの年末借入残高の1%のうち、少ない額を控除します。また東日本大震災の被災者などに係る特例の対象となる再建住宅にについては「ローン残高の1%」の部分が「1.2%」になります。

所得税から控除しきれない額については、現行の制度と同様に控除限度額の範囲内(所得税の課税総所得金額等の7%、最高136,500円)でで住民税から控除します。それに伴う住民税の自治体徴収分は、全額国費で補填されます。

対象となる住宅ローンの上限は、長期優良住宅と低炭素住宅が5,000万円、一般住宅は4,000万円です。

 

Q.現在住宅ローン減税を受けている場合延長されますか?

A.3年延長の住宅ローン減税の対象は、2019年10月1日から2020年12月31日までに入居する住宅ということで、現在すでに住宅ローン減税を受けている場合は対象になりません

2018年12月20日現在

関連記事

  1. 都心と郊外どっちに家を買う?
  2. 土地を買わずに借りる・借地権とは?
  3. 外断熱とは
  4. 固定資産税と都市計画税
  5. 住宅ローン【フラット35】とは?
  6. 家を安全に建てるために知る・建築士法
  7. こだわりのキッチン・ビルトインコンロ
  8. フラット35子育て支援型スタート!

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP