タウン情報

タウン情報・東京・御茶ノ水駅|住まいる広場

ド定番から、ツウもうなる穴場までお送りしているこちらのタウン情報、今回は一線級のメジャーどころである「御茶ノ水駅」をご紹介します。

 

が、しかし、誰もが思い浮かべるJR「御茶ノ水駅」ではなく、東京メトロ丸ノ内線の「御茶ノ水駅」タウン情報です。

 

「すぐ近くじゃないか!大して違いはないだろう?」と思う方には、まずこの豆知識から。

実は東京メトロの「御茶ノ水駅」は「文京区湯島」にあるんです!

(JRの方は「千代田区神田」です)

 

こうして見ると、意外にも違う部分が色々あるんですよ?

それでは、そんな丸ノ内線「御茶ノ水駅」、さっそく行ってみましょう!

 

  • 駅・街の歴史

 

今回取り上げた「御茶ノ水駅」が属する東京メトロ丸ノ内線ですが、実は最初に計画が持ち上がったのは1925年(大正14年)のこと、当時の内務省が告示した「東京都市高速度交通機関網」5路線の「第4号線」がベースとなっています。

 

しかし当時の路線上は、「御茶ノ水駅」を建設する予定ではありませんでした。

その後、戦後の1946年(昭和21年)になって、前述の計画が改訂され、無事「御茶ノ水駅」が計画に持ち上がることとなります。

 

ここからぐんぐん話が進む、と思いきや、状況により計画は二転三転。

 

1951年(昭和26年)には池袋-神田間の工事にいち早く着手しますが、様々な理由から「神田駅」の建設を断念します。

(東京-御茶ノ水間は現JR中央線がカバーしていたことも一因です)

 

紆余曲折ありつつも、1954年(昭和29年)ギリギリ丸ノ内線(名称は前年に決定していた)最初の駅のひとつとしてデビューした「御茶ノ水駅」。

実はこの時の痕跡が、現在でも残っているのをご存知ですか?

 

それは1番線方面にある「引き上げ線」です。

鉄道に詳しい方ならごぞんじかも知れませんが、この「引き上げ線」は、列車の終着点に用意される、折り返しなどに使用される線路のこと。

この当時は「御茶ノ水駅」が終着駅だったため、池袋方面への「引き上げ線」となっています。

 

さて、駅はこれぐらいにして、次は「御茶ノ水駅」がある「文京区湯島」に迫ってみましょうか。

 

真っ先に気になるのがこの「湯島」という地名。

しかし、この由来は多くの説があるようでハッキリしていません。

が、少なくとも室町時代~江戸時代以前には現在の地名で呼ばれていたとのこと。(室町時代の記録に「湯島」との記述があるそうです)

 

一説には温泉が出たことからこの名がついたと言われており、過去には「湯島郷」というようにスパ・リゾート感あふれる呼び名もあったそうです。

 

現在、この「湯島」は「文京区」でも有数の広さを持つ「本郷地域」に属します。(そもそも旧本郷区と旧小石川区が合併して出来たのが現在の「文京区」)

 

この「本郷」という地名も、もともとは「湯島本郷(湯島郷の中心という意味でしょうか?)」と呼ばれていた所からついた地名であることから、おそらくかつての「湯島郷」はかなり広いエリアだったのではないか?と推測できますね。

 

まだまだ話は尽きませんが、またの機会に。

 

  • 商業施設

 

丸ノ内線「御茶ノ水駅」は、出口すぐの場所に東京医科歯科大学の広大な敷地があるため、商業施設に出会うには神田川を渡りJRの方の駅方面に行くか、逆方向の国道17号線あたり、もしくは千代田線「湯島駅」方面まで出るしかなく、環境的に不便である事は否めません。

 

仮にこのエリアで買い物を考える場合、神田川を渡ることが最低限の必須条件となるでしょうね。(この時点で「千代田区」に入ることとなります)

 

しかし、渡ってさえしまえばそこからはまさに天国環境です。

特に学生街らしく安くておいしい飲食店の数は都内随一、かもしれません。

 

神田川を渡った先の商業スポットといえば「御茶ノ水ソラシティ」。

地下1Fの「ソラシティプラザ」には大手スーパー「成城石井」をはじめとして様々な飲食店やカフェ・レストランが多く、御茶ノ水を代表するランドマークとして連日多くの人であふれています。

 


御茶ノ水ソラシティ

 

  • 観光スポット

 

さて、今回ご紹介する観光スポットは、まさに「王道」かもしれません。

国の史跡にも指定されている日本学校教育発祥の地、「湯島聖堂」です。

 

まさに学生の街である「御茶ノ水」にふさわしく、受験生が毎年、合格を祈願するために訪れる「湯島天満宮」と並び「学問」における「聖地」といえる存在でしょう。

 

しかし、そもそもこの「湯島聖堂」がどんな場所なのか?を知る人は少ないと思われます。

 

この「湯島聖堂」のきっかけとなったのは、江戸時代の儒学者である「林羅山」(小説などの創作でも有名、中にはタイムスリップしたという設定もあるほど)が上野にあった私邸の敷地に建てた「孔子廟」(儒学の創始者である孔子を祀る建物)に代わる聖堂を、この地に建てたことが由来となっています。

 

そのため、現在の「湯島聖堂」の敷地内には「孔子像」が建てられています。

(この像は、現存する「孔子像」の中でも世界最大のもの)

 

孔子に見守られるように、林家の私塾であった学問所も移転、後には幕府直轄の学問所として、全国に「学校教育」を発信する中心地へとなっていくのです。


湯島聖堂

 


「湯島聖堂」の敷地内にある「孔子像」

 

  • 地域の学校情報・学区情報

 

こちらの丸ノ内線「御茶ノ水駅」がある地域は住所的には「文京区湯島一丁目」にあたります。

本来のエリアからは少し遠くなりますが、今回は「文京区湯島一~四丁目」の小中学校学区をご紹介しましょう。

 

このエリアの学区は非常にシンプルで、全域で小学校は「区立湯島小学校」、中学校に関しては「区立本郷台中学校」が指定となっています。

 

なお、こちらのタウン情報でも「文京区」の小学校学区情報を掲載しておりますので、合わせてご確認ください。

学区や制度のご確認は「文京区」にお問い合わせください。

 

・御茶ノ水駅周辺の学区域情報

文京区の通学区域|小学校 のページへ

 

  • 周辺住宅情報・街の情報

 

JR「御茶ノ水駅」の「千代田区神田」とは目と鼻の先ながら、丸ノ内線「御茶ノ水駅」がある「文京区湯島」周辺はまた一風変わった魅力があるエリア。

 

今回のこのセクションでは、もちろん「文京区湯島」周辺エリアに関する住宅事情に迫っていきましょう!

 

まず、この「文京区湯島」周辺エリアの大きな特徴が「豊富な路線が利用できるアクセスの良さ」です。

 

東京メトロでは丸ノ内線と徒歩圏内に「新御茶ノ水駅」「湯島駅」が属する千代田線が、JRにおいては中央線・総武線、少し足を伸ばして本郷方面に行けば、都営大江戸線など豊富な路線が利用でき、これ以上ないアクセス環境が実現します。

 

次に意外な特徴ですが、実は「住まい探しの穴場」なんです。

学生街として、だけでなくオフィス街としての顔も持つこのエリアですので一見「住む場所あるの?」と思いきや、意外にも国道17号線を越えた「湯島二丁目」をはじめとする周辺地域にはマンション・アパートなどの物件が数多く存在する「住宅街」でもあるのです。

(物件的には、どちらかといえば一人暮らし・単身者向けのものが多い傾向があります)

 

常に人が多いエリアですが、治安が良いのも大きな特徴。

学校施設・オフィスが多いため、夜間人口が少なく、必然的に治安が良くなるそうで、特にわいせつ等の事案が少ないのも女性には嬉しい点ですね。

 

逆にデメリットとしては「家賃傾向が高い」ことが挙げられます。

周辺区域から見ても若干お高め、ご予算に余裕がある方向けになってしまうのは否めません。

しかし、周辺の医療施設も充実しており、急なトラブルにも強いなど、デメリットさえカバーできれば、かなりオススメできる住環境が実現することは間違いないでしょう。

 

 

神田川を挟んで「湯島」エリアとなるためか、一般的なイメージとは異なる利点を数多く持っている東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」周辺エリア。

機会があればぜひとも住んでみてはいかがでしょうか?

 

御茶ノ水駅周辺地図

御茶ノ水駅周辺の学区域情報

文京区の通学区域|小学校 のページへ

 

御茶ノ水で利用できる路線

東京メトロ丸の内線「御茶ノ水駅」

JR中央線 「御茶ノ水駅」

JR中央・総武線線「御茶ノ水駅」

 

 

関連記事

  1. 東京ぶらり観光~外苑イチョウ並木
  2. タウン情報・東京・田端駅|住まいる広場
  3. タウン情報・東京・茗荷谷駅|住まいる広場
  4. タウン情報・東京・雑司が谷駅|住まいる広場
  5. タウン情報・東京・地下鉄成増駅|住まいる広場
  6. 練馬区の通学区域|小学校
  7. 東京ぶらり観光~東京スカイツリー周辺
  8. タウン情報・東京・江古田駅|住まいる広場

おすすめ記事

タウン情報・東京・有楽町駅|住まいる広場

毎回、都心のさまざまな「駅」に焦点を当て、その周辺エリアの住みやすさや街の便利な情報をお届けしている…

お得に「不動産購入」するには?

ごく一部の方を除き、一生涯で一度きりの大きな大きな買い物、それは「住まい」!今回こちらのタウン情報で…

タウン情報・東京・神田駅|住まいる広場

毎回、都心のさまざまな「駅」に焦点を当て、その周辺エリアの住みやすさや街の便利な情報をお届けしている…

元号の変更は影響する?2019年住まい探し事情

とうとう2019年5月からは新しい元号となりますね!巷では元号を予想する記事やブログなども多…

タウン情報・東京・御茶ノ水駅|住まいる広場

ド定番から、ツウもうなる穴場までお送りしているこちらのタウン情報、今回は一線級のメジャーどころである…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP