住まい

住宅ローン【フラット35】とは?

フラット35

最大35年の長期金利ローンで、住宅金融支援機構と提携している民間金融機関で申し込みをします。

ローン完済まで金利が変わらない

買取型と保証型

住宅金融支援機構の前身の住宅金融公庫が廃止されてからも、民間の金融機関が長期固定金利のローン商品を提供できるように、
住宅金融支援機構が支援する事業がフラット35です。

フラット35には、ローン債権を住宅金融支援機構が買い取る「買取型」と
住宅金融支援機構が金融機関に対して債権の保証をする「保証型」の2つのタイプがあります。
取り扱っている金融機関の数が、買取型のほうが圧倒的に多いこともあり、「買取型」のほうが主流です。

フラット35の仕組み

フラット35を申し込むには、民間の金融機関が窓口となります。
所定の審査をクリアしてフラット35が利用できら、金融機関から融資が実行され、返済も金融機関へ行います。
扱っている金融機関はたくさんありますが
どの金融機関からフラット35を申込んでも、最低金利は同じですが、事務手数料などの諸費用は金融機関によって異なります。
金融機関はローンの債権を住宅金融支援機構に譲渡されると、同機構はその債権を証券化して投資家に売却して運営資金を得ます。

フラット35のメリット

・最大のメリット、長期固定金利
最長35年の長期固定金利のため、借入時に返済金額と利息額が決まり、市場金利が上昇しても返済額は変わりません。
返済計画が立てやすくなります。

・耐久性や断熱性などが安心
フラット35を利用するためには、所定の基準をクリアする必要があります。
逆に言えば、質の良い住まいに住めることになります。

・保証料や繰り上げ返済手数料が無料
保証人や保証料の必要がありません。また、返済中にローンの条件を変更したり、繰り上げ返済をするときの手数料も必要ありません。
ただし一部繰り上げ返済は100万円以上からとなります。

・返済条件を変更できる
まとまった余裕資金ができたときや、収入の減少や急な支出で返済に行き詰ったときなど
様々な生活の変化に対応するためのに、返済条件の変更が変更できます。

 

民間金融機関の住宅ローンと比較して、検討したい住宅ローンです。

フラット35を利用するための条件

関連記事

  1. タワーマンションのメリット・魅力
  2. ここに決めた!マンション選びの大事な条件
  3. 戸建て・建売住宅購入時のチェックポイント
  4. 建売や中古一戸建て物件の購入時の注意点
  5. 家づくり・高さに関する制限
  6. 中古一戸建ての建て替え時には建築協定に注意
  7. マイホームを建てて後悔していること
  8. 家を安全に建てるために知る・建築基準法

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP