住まい

免震・耐震・制震構造の違い

東日本大震災を経験してから、「地震に強い家」を求める人が増えています。
地震に強い家にするためには「免震・耐震・制震」などの構造方法があります。
耳にしたことのある言葉ですが、詳しい違いはわからない人が多いでしょう。
「免震・耐震・制震」の違いを理解をしましょう。

免震構造

建物と基礎部分の間に免震装置(積層ゴム)を設置し、そこで地震の衝撃を建物に伝えにくくすることで、揺れを免れることができる構造です。
揺れにくい、ということで最近最も注目されている工法です。

耐震構造

柱や梁を太くしたり、補強材を入れることで強化をし、建物自体を丈夫にしてて地震に耐える構造です。地震の揺れは建物に直接伝わります。
揺れが建物に直接伝わることで、地震が繰り返されるとその分建物にダメージが蓄積されます。
日本ではこの耐震構造が最も多く採用されています。

制震構造

建物の主要部分にダンパーと呼ばれる振動軽減装置を設置することによって、地震の揺れを吸収する構造です。
建物へのダメージも軽減されます。

 

免震構造では耐震構造に比べて地震の揺れを三分の一の抑えることができます。
揺れを抑えることで、大地震の際など家具などの転倒を防ぐことができ、被害も抑えられます。
免震構造が最も優れているといえますが、
免震構造を取り入れるためには工事費が高かったり、免震装置(積層ゴム)のメンテナンスや交換が定期的に必要となります。
さらに地盤によっては設置自体が難しい場合もあります。
そのため普及が遅れているのが現状です。
しかし私たちの住む日本はいつどこで大きな地震が起こっても不思議ではありません。
大きな地震にもできる限り準備をしておきたいものです。

関連記事

  1. 分譲マンションにおける「管理規約」とは
  2. 住宅選び|高気密高断熱住宅とオール電化を知る
  3. 上棟式とは?何をするの?
  4. フラット35子育て支援型スタート!
  5. 土地を買わずに借りる・借地権とは?
  6. 2階をリビングにするメリット・デメリット
  7. こだわりのキッチン・ビルトインコンロ
  8. 不動産・販売図面ってどう見るの?其の一

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP