住まい

上棟式とは?何をするの?

骨組みを組み立て、最上部に棟木を上げることを「棟上げ」と言います。
本来はこも棟上げが無事に完了したことを神に感謝し、その後も安全に家が完成することを
祈る儀式ですが、現在では神主さんを呼んでの儀式は行わず、
棟梁や職人さんたちをねぎらう、お祝いの意味が強くなっています。
地域によってさまざまな風習があり、内容も違ってきます。

上棟式を行う場合は、施工会社に相談し、その地域の風習や、準備するもの、大工さんなどの人数を確認しましょう。

建築主が用意するもの

・米、塩、清酒
・鏡餅、撒餅
・塩・水(1合)
・海の幸
・山の幸
・果物
・引き出物

・職人さんたちへのお弁当、お茶、お菓子など

*地域によって準備するものは異なります。

・棟梁へのご祝儀は2~3万円、職人さんたちへのご祝儀は5,000~10,000円くらいが相場とされています。

 

今後の工事が安全に進み、家が無事に完成するようにきちんとお祈りしましょう。
ツーバイフォー工法などはユニットになっているため、棟上げという工程自体がありません。
そのようなことから、上棟式は行わない方が多いようです。

関連記事

  1. 家の造り関する用語集
  2. マイホームを買い換えるタイミングとポイント
  3. 一戸建て購入の流れ
  4. 中古マンションを購入の際は駐車場の有無を確認
  5. 住宅ローン【フラット35】とは?
  6. 土地の分類・使い方を知る!用途地域とは?
  7. 分譲マンションにおけるマンション管理会社の役割
  8. 2階をリビングにするメリット・デメリット

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP