リフォーム

浴室|浴槽の種類とサイズ

浴室の広さと浴槽の種類

浴室をつくるには、メーカー各社から出ているユニットバスにするか、オーダーメイドにするかの2択になります。
主流はユニットバスです。ユニットバスとは工場で生産された浴槽・床・壁を組み立ててつくるものです。
品質が安定していて防水面でも安心です。
ユニットバスのメーカー規定サイズは、0.75坪~1.25坪タイプが一般的です。
ユニットバスにもある程度自分の使いやすいように棚や付属品を選べるプランもあります。

浴槽の種類には、深さがある和式、深さが浅く寝るようにお湯に浸かる洋式、
やや深めで足を延ばせる和洋折衷式、丸みのある形のシェル型などがあります。

和式は肩まですっぽりと浸かれますが、深さがある分またぎにくくなります。
しかし場所をとらないので、小さな面積の浴槽に向いています。

浴室のサイズ

0.75坪(1216)タイプ

160cm×120cm
浴槽の長さは120cmまで。
長さが短いため、少し窮屈に感じます。
浴槽の幅は他と変わりません。湯量もあまり変わりません。

1坪(1616)タイプ

160cm×160cm
最も一般的なサイズで、十分な広さが確保できます。

1.25坪(1620)タイプ

200cm×160cm
浴槽の長さは1坪タイプと同じで160cmですが
洗い場に余裕ができます。

 

浴槽の種類

和式

長さ 70~100cm
深さ 55-~62cm
首から下、体全体が浸かります。浴槽が深い分、またぎにくいという欠点があります。

洋式

長さ 120~150cm
深さ 40~45cm
浴槽の深さが浅く、半分寝るような体勢になります。背もたれの角度をよく考えましょう。

和洋折衷式

長さ 90~120cm
深さ 50~58cm
最も一般的なサイズで、和式と洋式の中間で、足も延ばしつつ肩までお湯に浸かることができます。

シェル型

浴槽の中に段差を設け、肩まで浸かれる部分と、腰を掛けて浅いお湯に浸かる部分があります。
段差は子供や高齢者にとってとても安心で使いやすいです。

 

 

関連記事

  1. 戸建てのリフォーム~間取りの変更はできる?
  2. 引き続き人気の中古マンション・リノベーションマンション
  3. 素材から選ぶ浴室(壁・浴槽・床)
  4. 耐震リフォームの補助金制度
  5. 浴室|オプション設備
  6. フローリングの選び方|種類と特徴
  7. 戸建てリフォームはどこまでできる?
  8. 床暖房の種類と特徴

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP