リフォーム

浴室|オプション設備

バスタイムをより快適に過ごすためにプラスしたい設備

家を建てたりリフォームをするにあたって、人気があるのは、浴室暖房乾燥機です。
天井や壁に取り付けることで、雨の日の洗濯物の乾燥ができます。また、暖房機能を使うことで、
寒い地域の方や高齢者のヒートショックを防ぐことができます。

ほかに、
水はけのよい素材を使った床や、
時間が経ってもお湯が冷めにくいマホービン浴槽や断熱浴槽、
冷たくない床などを使ったユニットバスも人気が高くなっています。
水はけがよい床はカビ防止になりお掃除の手間もかからなくなりますし、
断熱浴槽は追い炊きの回数が減るため、ガス代のコストを抑えることにもつながります。

ジェットバスや浴室テレビなどを設置すると、より快適なバスタイムを過ごすことができます。
しかしジェットバスは重量があり音や振動もあるため、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の家に向いています。

 

浴室暖房乾燥機

浴室の換気、乾燥、暖房をしてくれます。
冷房を備えたものもあり、夏場に便利です。
雨が続く日など、洗濯物を乾かすのに頻繁に利用している方もいれば、
光熱費が気になってあまり使用していないという方もいるようです。
家族構成やライフスタイルによって必要かどうかを検討しましょう。
暖房は寒い日に起こりやすいヒートショッを防ぐ効果もありますので、
高齢者がいるご家庭や寒い地域にお住まいの方におすすめです。

 

浴室テレビ

浴室で過ごす時間が長い人ほど必要と考える方が多いようです。
埋め込み式はすっきりとしますが、配線等の大掛かりな工事を要するので、
テレビ単独で工事するのではなく、新築時やリフォームと同時に行うのがよいでしょう。
最近では防水機能を備えたタブレットを持ち込みテレビを楽しむ方法もあります。
完全防水のタブレットも多数あるので、気軽にテレビのあるバスタイムが始められます。

 

ミストサウナ

お湯を霧状にすることで放出するサウナです。
銭湯にあるような高温のサウナとは違って、低温で湿度が高いのが特徴です。
息苦しくなることもありません。
保湿効果があり、美容・健康面での効果を期待する人が多いでしょう。

ジェットバス

浴槽の側面から勢いよく気泡を出すことで、体に刺激を与え、マッサージ効果があります。
商品によっては音が気になるものもあるので、しっかりと確認することが大事です。

冷たくない床

冬場など、浴槽の床が冷たく感じることがあります。
滑りにくく、水はけのよい床は、カビ防止にもなります。
やわらかい素材の床や、色もたくさんのバリエーションが各メーカーから出ています。

 

断熱浴槽

浴槽の裏に真空断熱材、または発砲断熱材を取り付けて
専用のふた組み合わせることで、保温性を高めることができます。
お湯が冷めにくいことで追い炊きの回数が減り、ガス代の節約にもつながります。

関連記事

  1. 戸建てのリフォーム~間取りの変更はできる?
  2. 中古戸建をリフォームする際のチェックポイント
  3. 耐震リフォームの補助金制度
  4. 引き続き人気の中古マンション・リノベーションマンション
  5. マンションリフォーム~間取りの変更はできる?
  6. 浴室|浴槽の種類とサイズ
  7. フローリングの選び方|種類と特徴
  8. 住まいの外壁選び・種類と特徴

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP