家具

家具選びの基本ポイント~ソファ選びのポイント

家具選びの基本ポイント~ソファ選びのポイント

サイズの目安について
奥行きはだいたい80~85センチ
2人がけで長さはだいたい130~150センチくらい。2.5人はけで180センチくらい。
3人がけでは200センチくらいになります。
カウチソファ、コーナーソファとなると250~280センチあるものもあります。
お店では小さく見えるものですので、部屋に置ける長さを測っていきましょう。

 

テイストで選ぶ

ナチュラル
やさしい色合いのもので、落ち着く雰囲気です。布地のものが多いですが、ベージュの革製のものなども定番です。

モダン
モノトーンや濃い茶色のもの。黒い革製のものが人気です。カチッとしたシャープな印象になります。

アジアン
ラタン素材などと布地を合わせたものでリゾート気分。ローテーブルもシリーズで合わせて使うとよりまとまります。

北欧
長時間座っても疲れない硬めのものになっています。アームや脚のすっきりとデザインされた木も特徴です。ひとり専用のパーソナルチェアも充実しています。

カントリー
素朴で親しみを感じさせます。サイズは大きめのものが多いので確認しましょう。

クラシック
まるで中世ヨーロッパのような雰囲気です。色柄がゴージャスなものが多く、優雅な気分になれます。

和風
木を使った自然な温かみのあるもので、ロータイプのものが多いです。

カラフル
赤、オレンジ、青などの原色系のもので元気にさせてくれます。さし色でソファのみ色のあるものを取り入れるのもいいでしょう。

 

形で選ぶ

ソファベッド
ソファとベッド、どちらも欲しいけどスペースがない人などにおすすめです。下が収納になっているものもあり、実用性に優れています来客用の簡易ベッドとしても活躍してくれます。

2人掛けソファ(ラブソファ)
種類、素材もさまざまで選択肢が広がります。長さはだいたい130~150センチくらいです。2人座るとやや窮屈になります。

2.5人掛けソファ
2人掛けよりも余裕があるので2人が座ってもくつろいだ座り方ができるでしょう。長さは180センチくらいです。

3人掛けソファ
長さも200センチくらいになりますので、ある程度のスペースが必要になってきます。オットマンと合わせて使うのも良いでしょう。

リクライニングソファ
背もたれが倒れて、足が伸ばせるようにリラックスできるソファです。完全にフラットにはならないので、ソファベッドにはなりません。

カウチソファ
普通のソファで片側のみ足が伸ばせる状態になっているものです。L字型になっています。コーナーソファと違い延びた部分に背もたれはありません。ゆったり横になってくつろぐことができます。大きさがあるものなのでかなりのスペースが要求されます。

コーナーソファ
角に置くことを考えて作られたL字型のソファです。ひとり掛けと2人掛けで構成されているものが多く、カウチソファ同様場所をとります。家族人数が多い、または来客が多い家に向いています。

ソファセット
同じ種類のソファで3人掛けとひとり掛け、2人掛けと一人掛けのように組み合わせて置けるものです。2人掛けを向かい合わせて使用すると応接セットとなります。決まった定義はありません。

パーソナルソファ(1人掛けソファ)
1人掛けのソファです。デザイナーズのものも豊富にあり、部屋がおしゃれになります。2人掛けなどと組み合わせる際は種類が違っていても合わせ方によってはおしゃれになるでしょう。

ソファダイニング
ダイニングを兼ねたソファで、普通のソファよりも脚が高めになっています。最近種類も増えてきました。

 

素材で選ぶ

革(レザー)
高級感があり肌に馴染みます。染め方によってさまざまな色合いがあります。お手入れをきちんとすることにより長く使用できます。コスト面では布、合皮のものより高くなります。通気性がいいので合成皮革に比べてべたつきが少ないです。

合皮
汚れに強くお手入れも簡単です。革に比べると破れやすく、風合いも落ちます。通気性が悪く、夏に肌に触れるとべたつき感があります。


さまざまなカラーバリエーションが楽しめます。汚れがしみ込むと落ちにくくなります。ですから小さなお子様がいるご家庭などではカバーが取り外せて洗えるものや撥水加工がされているものなどが良いでしょう。

 

色で選ぶ

ソファは部屋の中でも大きな割合を占める重要な家具となります。色を選んでチョイスするのもよいでしょう。ここでは色のイメージ・意味について触れてみたいと思います。

赤、オレンジ
情熱的でエネルギーを感じさせます。元気のでる色です。ワイン色に近い落ち着いた赤であればシックにまとまります。

青、グリーン
リラックス感があり涼しげな色です。

白、黒、グレー
モノトーンと呼ばれる色彩です。落ち着いた、シャープな印象ですっきりとした感じになります。

茶、ベージュ
飽きのこない色合いで、他の家具とも合わせやすいです。

 

関連記事

  1. 家具選びの基本ポイント~照明選びのポイント
  2. 家具選びの基本ポイント~ダイニングチェア選びのポイント
  3. 築10年以上、気分一新、内装を新しく!!
  4. 家具選びの基本ポイント~ローテーブル選びのポイント
  5. テーブル
  6. おすすめLEDシーリングライト
  7. 家具選びの基本ポイント~TVボード選びのポイント
  8. 家具選びの基本ポイント

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP