リフォーム

床暖房の種類と特徴

建物の断熱性と使用時間によって最適な床暖房の種類も異なる

床暖房を選ぶ際に、決める基準となるのは、家の断熱性と、どのくらいの面積を何時間暖める必要があるのかです。
コンクリート造と木造の家では適する床暖房の種類も違います。
また、住む地域や使用時間によって、始めの設備工事費を安くするか、ランニングコストを安くするか、どちらを重視したほうが良いのかも変わってきます。

床暖房の種類は、ガスや電気や灯油で温水を作って床下の配管を循環させる温水式と、
発熱体に電気を通して放熱する電気ヒーター式が主流です。
太陽熱や深夜電力で基礎などの蓄熱層を暖めるものなどもあります。

熱源 仕組み 特徴
温水式 ガスなど 熱源機で沸かしたお湯を、床下に敷いてある温水マットに送り、循環させて暖めます。床暖房専用の熱源機が一体型となったタイプがあります。 暖まるのが早く、冷めるのはゆっくりです。床の表面温度は約25~30℃で均一に暖かくなります。高効率熱源機や家庭用燃料電池と組み合わせることもできます。
電気+ヒートポンプ ヒートポンプでお湯を沸かし、床下に敷いてあるパネルに送って循環させて暖めます。室外機が必要です。エアコンの室外機と併用して、立ち上がりの間はエアコンで暖める方式もあります。 暖まるのも冷めるのもゆっくり。床の表面温度は約25~30℃で、均一に暖かくなります。熱効率はよいですが、気候条件により性能が変わります。湯切れが起こりやすくなるので、使用期間、面積に注意が必要です。
電気ヒーター式 電気 ヒーターを組み込んだパネルを床下に敷き込んで暖めます。人がいる場所だけを暖めるなどの機能があるものもあります。昼間の電気は使わず、深夜電力のみを使用して蓄熱するタイプのものもあります。 暖まるのは早いですが、温度にムラが出る傾向があります。設備費は比較的安く収まりますが、ランニングコストは割高になります。
温風式 各々 暖めた空気を床下に送って暖めます。韓国のオンドルが有名です。温風ダクトは床下に回したり、床スラブに埋め込むなどの方法があります。 熱源以外は空気が流れているだけなので故障の心配がありません。通常、床暖房にする場合、無垢フローリング材は種類が限られますが、温風の場合は可能です。
水蓄熱式 水の入った袋を温めて、湯たんぽのように床材を暖めます。熱源はヒートポンプ、灯油ボイラー、太陽エネルギーを利用などと自由に選ぶことができます。夏場は水枕のようにして涼むこともできます。 低温なので、フローリングも各種使うことができます。断熱性能の高い家で、蓄熱層に熱をためて低めの温度で暖めるのがおすすめです。

 

関連記事

  1. 安心な暮らしのためのバリアフリーリフォーム
  2. 引き続き人気の中古マンション・リノベーションマンション
  3. 場所によって使い分けるのがおすすめ!窓ガラスの種類と特徴
  4. 補助金を活用してバリアフリーリフォームをしよう
  5. マンションリフォームの費用はどれくらいかかるの?
  6. 上下階、二世帯住宅などでの防音
  7. 戸建てのリフォーム~間取りの変更はできる?
  8. 浴室|浴槽の種類とサイズ

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP