リフォーム

場所によって使い分けるのがおすすめ!窓ガラスの種類と特徴

窓ガラスの特徴を知って快適に過ごす

 

サッシとガラスを合わせて窓ガラスになりますが、最近ではこのサッシもガラスも進化しています。

断熱、遮熱、遮光、防犯面など、様々な機能を持った製品が多くあります。

昔からある一枚板のガラスを「フロート板ガラス」といいますが、最近の住宅作りではフロート板ガラスを施すことは少なくなってきており、より断熱性の高いペアガラスが主流となっています。

床、壁、天井の断熱をしっかりと行うとともに、窓ガラスの断熱、遮熱の性能を上げることで、より快適に過ごせる家になります。

最近多くのメーカーから出ている高性能なガラス「Low-E複層ガラス」は、特殊な金属膜をガラスにコーティングした複層ガラスのことです。

家の中の熱を内側に反射させて温かさや涼しさを保つ「断熱仕様」のものと、

それだけではなく外からの太陽熱を反射する「遮熱仕様」の2種類があります。

紫外線をカットする機能を備えたものもあり、まさに高性能なガラスです。

価格はまだまだ高いですが、家の中すべての窓をLow-E複層ガラスにしなくても、

南側に向いている窓や大きな窓をLow-E複層ガラスすることでも効果はあるでしょう。

 

フロート板ガラス 昔からある一枚板のガラス。 容易く割ることができるので防犯面で心配もある。
すりガラス 片面を珪砂などで摺り不透明になっているガラス。 最近あまり見かけなくなっている。
強化ガラス 同じ厚さの板ガラスと比較して、3~5倍の強度がある。割れたときは破片が粒状になる。
合わせガラス 2枚の板ガラスの中間フィルムが挟まれていて割れても破片が飛び散らない。防音、紫外線カットの効果も。
防犯ガラス 2枚の板ガラスの間に厚さ0.76㎜以上の中間フィルムが挟まれていて、突き破るのに時間が掛かるため、防犯性が高い。防音、紫外線カットの効果も。
型板ガラス 片面に型模様をつけたもので、光は通すが視線は遮る。浴室やトイレに使われる。
ペアガラス 2・3枚のガラスの間に乾燥した空気を封じ込めてあり、断熱性を高めている。
網入りガラス ガラスにワイヤーが入っていて、割れた際には中に入っている網によってガラスが崩れ落ちるのを防ぐ。
Low-E複層ガラス 室内側に特殊金属フィルムを施すことで、室外から日射熱を取り入れつつ、室内の暖房エネルギーを反射する。寒冷地に向いている。
耐熱強化ガラス 一般的な強化ガラスの2倍以上の強度があり、優れた耐熱・遮熱性能を持っている。割れた時には、破片は小さな粒状になる。

型板ガラス

方角によってガラスを使い分ける

南側・・・高断熱

南側は太陽が当たります。夏場は日射をカットし、冬場は日を取り込みたいので、遮熱タイプは避けましょう。

 

北側・・・高断熱

一年を通してほとんど日の当たらりません。窓を広くとるとやわらかい光が入ります。

 

東西側・・・遮熱、高断熱

西側には夏場に強烈な日差しが入ります。窓は小さめのものがよいでしょう。東側には太陽の光が入るのは午前中のみです。

 

関連記事

  1. 築年数でみるリフォーム時期・目安
  2. 引き続き人気の中古マンション・リノベーションマンション
  3. リフォームと併せて耐震改修工事を行う
  4. 戸建てのリフォーム~間取りの変更はできる?
  5. マンションリフォーム~間取りの変更はできる?
  6. 補助金を活用してバリアフリーリフォームをしよう
  7. 中古戸建をリフォームする際のチェックポイント
  8. 住まいの外壁選び・種類と特徴

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP