リフォーム

マンションリフォームはどこまでできる?

人気のマンションリフォームの基礎知識

リフォームで自由に変更できるところ、でいないところを知り、より快適なリフォームを考えましょう。

最近人気のマンションリフォームですが、マンションの場合、自分の持ち家であってもすべてを自由に変更することはできません。

基本的には、共有部分の変更はできません。共有部分とは、玄関のドア、外廊下、バルコニー部分などのことです。

部屋の中の専有部分に対しては全面的にリフォームすることが可能で、「スケルトンリフォーム」と呼ばれる壁や建具などをすべて取り壊して空っぽの状態にし、間取りの変更から部屋をプランニングすることも可能です。

ただし注意したいのは専有部分であってもマンションの管理規約で決められている制限がある場合があります。たとえば床のフローリングのリフォームは、使用できる床材が決められている場合があります。そもそも床のリフォームを禁止しているマンションもあるので、リフォームをする際に管理規約の確認は必ずするようにしましょう。

人気のプランとしては、3LDKから2LDKに変更し、リビングを広く取ることで、開放感のある家になります。

また、テイスト、雰囲気を変えることができるのも利点といえます。もっとナチュラルなテイストにしたい場合は無垢材の床材に張り替えたり、壁に珪藻土を塗ったりすることができます。

スタイリッシュなテイストにしたい場合は壁の一部にタイルを貼りデザイン性を高めることも最近では人気があり、アクセントになります。

ここはリフォームできる?マンションリフォームを場所ごとに確認

仕切り壁
〇内装の変更は可能
△構造上動かせない壁は撤去できないが、構造壁を残しつつ広い空間をつくることができる

扉・建具
〇室内ドアや建具の交換は可能

天井
〇リフォームは自由なので変更は可能
△天井裏にスペースがあれば内装をはがして天井高を上げることもできる

玄関ドア
〇ドア内側の塗装やカギの変更は可能
×ドアそのものの交換は共有部分のため不可能

給排水設備
〇キッチンや浴室移設は可能
△トイレの排水管は少しの距離であれば移動可能
〇排水ルートが確保できれば排水管の移動も可能

電気配線
〇コンセントや照明器具の移設、増設は可能

サッシ
〇すでにある窓の内側に二重サッシを設置することは可能
△サッシをまるごと交換することは不可能。管理規約によってはガラス部分のみ交換できる場合も。

バルコニー
〇デッキやラティスなど、移動できるものを設置することは可能
×フェンスや手すりは手を加えることはできない

上記のように水回りは、排水と排気ルートを確保できれば移動をすることができます。
浴室とキッチンの位置を交換したり、ひとつにまとめたりと、水回りがある場所の中での移動は比較的簡単にできます。
大幅に位置を変更することも可能な場合が多いですが、リフォーム業者に確認してください。

浴室も広くすることも可能ですので、より快適な水回りの設計をしましょう。

 

関連記事 戸建てリフォームはどこまでできる?

 

関連記事

  1. 素材から選ぶ浴室(壁・浴槽・床)
  2. 上下階、二世帯住宅などでの防音
  3. マンションリフォーム~間取りの変更はできる?
  4. 床暖房の種類と特徴
  5. 築年数でみるリフォーム時期・目安
  6. 安心な暮らしのためのバリアフリーリフォーム
  7. 補助金を活用してバリアフリーリフォームをしよう
  8. マンションリフォームの費用はどれくらいかかるの?

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP