リフォーム

戸建てリフォームはどこまでできる?

戸建てリフォームでできること、できないことを知る

戸建て住宅をリフォームする場合、マンションリフォームと違って制限は少なくなります。各部屋はもちろん、吹き抜けを作るなど、大胆な変更もできるようになります。

吹き抜けを作りたい場合は、木造軸組みの建物であれば基本的に可能です。ただし梁や筋交いなどは撤去することができません。しかしその構造をむき出しにした吹き抜けも大胆でよいかもしれません。

吹き抜けの上部にたまる熱をかくはんするシーリングファンを設置すると、快適に過ごせるリビングになりますし、おしゃれになります。

このように、建物の構造によっては壁や梁の撤去ができない場合もあるので、業者とよく確認しましょう。

ほかに注意したい点は、建築基準法や自治体の条例などを確認しましょう。特に外まわりのリフォームや増築を検討している場合は、面積や道路からの位置などの制約がある場合があります。

ここはリフォームできる?戸建てリフォームを場所ごとに確認

天井
△天井裏に空間があれば、内装をはがして天井高を高くすることが可能
△吹き抜けをつくることもできる。ただし工法によっては撤去できない構造体もあるので確認を

間仕切り壁
〇木造在来工法や鉄骨であれば撤去や移動が可能
△軽量鉄骨やツーバイフォー工法の場合、動かせない部分もある


△基礎の形状によっては土間や掘りごたつを作ることも可能

電気設備・給排水設備
〇移設、増設が可能
〇新たに床暖房を設置することが可能
〇オール電化への変更も可能電気引き込み工事が追加で必要になる場合もある

屋根
〇葺き替えが可能
〇木造の場合、トップライトをつけることができる
△費用はかかるが、形状を変更することも可能

サッシ
〇取り替えが可能(まわりの壁の補修が必要)
△新たに窓を作ることも可能
防火・準防火地域の場合、基準があるので確認を

外壁
〇素材の変更をすることも可能

玄関ドア
〇まわりの壁の補修をすれ変更可能

構造補強
〇木造の場合は、柱や壁の補強が簡単にできる
△費用はかかるが、建物を浮かせて基礎を作り替えることも可能

 

古い建物に床暖房を入れたり、オール電化するときの注意点

電気・ガス・水道の容量の確認が必要となります。古い住宅の場合水道引き込み管の口径や電気の引き込み線の小さい場合があります。そおため引き込み工事が必要となる場合があります。

二世帯住宅にするためにキッチンや浴室を増設する場合も同様の工事が必要となる場合があります。

 

増築をするときの注意点

建ぺい率や容積率範囲内であれば可能ですが、注意したいのはセットバックの必要があるケースです。 前面道路の幅が4メートルに満たない場合には敷地内であっても建物を建てられないゾーンがあります。

参考:前面道路とセットバック

また、法改正などで家を建てたときの規制が変更になっている場合もあるので、確認が必要です。

 

関連記事 マンションリフォームはどこまでできる?

 

関連記事

  1. 素材から選ぶ浴室(壁・浴槽・床)
  2. 引き続き人気の中古マンション・リノベーションマンション
  3. 浴室|浴槽の種類とサイズ
  4. 補助金を活用してバリアフリーリフォームをしよう
  5. 一戸建てリフォームの費用はどれくらいかかるの?
  6. 浴室|オプション設備
  7. フローリングの選び方|種類と特徴
  8. 上下階、二世帯住宅などでの防音

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP