家具

家具選びの基本ポイント~TVボード選びのポイント

 

サイズについて

まず望ましい横幅、奥行、高さを考えてみましょう。置く場所が決まったら何cm幅までのTVボードなら置けるのかを調べます。
ご新築の方などはテレビボードの設置場所が決まっている場合が多いです。図面にはテレビジャックの位置印、コンセントの位置印が書いてあります。その壁面が大体の設置位置です。

テレビからの距離ですが、液晶またはプラズマテレビの場合「テレビの画面高(縦サイズ)×3」、ブラウン管 テレビなら「画面高×5~7」とされています。
43V型のプラズマテレビだと160cm、30V型の液晶テレビは115cmが最適視聴距離になるそうです。
AVボードの前では、しゃがんでテレビやDVDプレーヤーを操作したり、引き出しを開けたりするなら、少なくともAVボード前に80cm以上のスペースが欲しいところです。

 

幅について

置こうとしているTVよりもTVボードがひと回り大きいほうが、見栄えがよいです。サイドにスピーカーを置く場合はスピーカーの幅を測りましょう。ただ、TVの脚の部分が乗るようであれば、TVボードがTV画面のサイズより小さくても使えますので、小さめのTVボードしか置けない方はTVの脚のサイズを測っておきましょう。

 

奥行について

以前はブラウン管テレビのため奥行は60cmくらい必要でしたが、薄型テレビが主流となっている現在では奥行は45cmあたりを中心に38cm~50cmくらいまでのものが標準になっています。周辺機器の奥行きにプラグを差し込んだサイズも合わせ測ることもお忘れなく。
稀に周辺機器本体みのサイズで検討し実際プラグの幅分が奥行きを取り扉が閉まらないということもあるのでお気をつけ下さい。

 

高さについて

高さはTVを見た時に首が上向きになると疲れます。画面中央を見た時に目線と平行か、少し下げた位置になるのが良い高さです。これはTVの画面サイズや、TVとの距離、生活スタイルによって変わってきます。床に座ってなのか、ソファに座ってなのか、ダイニングに座ってなのか、視聴する場合の目線の高さを考えるとボードの高さも決まってきますね。ベッドに寝ながらテレビを見る場合などは目線は高めになります。
TVボードは低いものなら20cmくらいのものから、高いものは55cmくらいのものまであります。今は30cm前後のものが人気がありますね。昔よりやや低くなっている傾向があります。

 

収納スペースについて

DVDデッキ、ゲーム機、ゲームソフト、リモコン、コントローラー・・・。TVまわりのものは全て収納できますか?あなたのテレビの周りには何があるのか紙に書き出してみましょう。今後増える予定のものもリストアップしましょう。スペースに余裕があるに越したことはありません。すべての物をTVボードにのみ収納するのか、もしくは他の収納を併用するのかも考えましょう。
扉のないオープンタイプはデッキの表示が見やすい反面、ホコリが入りやすい欠点があります。
ガラス扉の付いたクローズドタイプはゴチャゴチャ感が出ず、小さなお子様がいらっしゃる場合はいたずら防止にもなり、ホコリの侵入はありません。しかし、DVDやゲーム機へのディスク挿入時にいちいち開閉の手間があります。
尚、リモコンの電波はTVボードとして販売されているものでしたら、どういったタイプのガラス扉でも通しますので心配いりません。メーカーサイドでチェックしています。

 

TVボードの背面について

背板があるならコードを抜く穴を開けておかなければなりません。このごろの端子は随分大きくなっているので小さな穴では通らないなんてことが起こります。 ご確認してください。
裏面を板で覆ってあるものはホコリ入りにくい反面、配線作業がやや大変です。
板のないオープンタイプは配線は楽にできますが、ホコリ入りやすい欠点があります。

 

素材について

木製
ナチュラル系で様々な色合いの物があります。温かみのある木は、どんな部屋にも合わせやすい素材。とはいえ、他の家具と木の種類や色を合わせましょう。違いすぎると、リビングの印象がちぐはぐに。

金属製
シンプルモダン系の人向きです。メタル系の素材は、AV機器の色や形とコーディネイトすると、グッとシャープな印象になります。掃除や手入れも簡単です。

関連記事

  1. カーテン
  2. 家具選びの基本ポイント~ベッド選びのポイント
  3. テーブル
  4. チェア
  5. ベッド
  6. 家具選びの基本ポイント~ソファ選びのポイント
  7. 家具選びの基本ポイント
  8. 築10年以上、気分一新、内装を新しく!!

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP