家具

家具選びの基本ポイント~カーテン選びのポイント

インテリアで大きな面積を占めるカーテン

家具を選ぶ努力と時間に対して、窓まわりはとりあえず無難なカーテンで間に合わせる場合も多いのではないでしょうか。しかし、窓は室内の大きな面積を占め、しかも家具や小物などで隠されないので、実際は非常に目立つアイテムです。購入後生活を始めたあとで、カーテンって意外と目に入るものなんだ、と気づく人も多いです。
窓の表情は家具以上に部屋の個性を決定づけます。どんなものを選ぶかによって見た目の印象はもちろん、住まいの快適度もかなり違ってくるため、それぞれの暮らし方やインテリアを考えながら、ふさわしいデザインやスタイルをつくりたいものです。
服を選ぶときのように色の組み合わせや材質、スタイル、季節感などを考えたセレクトをして、より素敵なインテリアを手に入れましょう。

 

カーテンの役割について

調光
光をコントロールします。レースは光をやわらげ、ドレープは生地の種類や厚み次第で光の多くをさえぎって室内の快適な環境を保持します。スラットの開閉で光を調節できるブラインドなど、さまざまなコントロールが可能です。

通風
光や視線をさえぎりながら布地は布の隙間から、ブラインドはスラットの間から風を通すことで室内を快適に保ちます。ただしカーテンは裾におもりが入っていても風にあおられます。ブラインドも強い風にはあおられます。

遮光
外からの視線をさえぎり、光をシャットアウト(遮光)します。遮光生地のカーテンもありますが、遮光裏地を付けることによりどんな布地も遮光に使えます。ブラインドはスラットを閉じれば遮光が可能です。

断熱
布の重なりによって内と外をさえぎることで外の空気が直接室内に入ることを防止します。夏は暑さを、冬は寒さの侵入を防ぐとともに室温の流出をくい止めます。冬の隙間風のシャットアウトにとくに有効です。

防音
布地が音を吸収することによって騒音が減少します。外からの音は伝わりにくくなり、室内の音は外に漏れにくくなります。音響をソフトにする役割もあります。普通のカーテンでも効果はありますが、防音カーテンならさらに効果は大きいです。

装飾
窓枠や吊りもとなどを隠し、インテリアを美しく彩るのもカーテンの大きな役目です。実用性を満たしながら装飾性をアップさせることで、センスのいい部屋づくりができるのです。
そのほかのプラスαの機能は次の通りです。

 

透けにくいレースカーテン
夜でも中が見えにくくなっているレースカーテン。プライバシーを守ることができる。

消臭機能
ホルムアルデヒトを始め、タバコやペットの臭い、トイレや生ごみなどの生活臭を、吸着、分解して消臭する加工が施されたもの。

黒ずみ防止
静電気をおさえ、空気中のホコリを付着しにくくし、レースの黒ずみや汚れを防ぎ、ついた汚れも洗濯で落ちやすいように加工したもの。

撥水加工
特に冬は窓の結露に悩まされる方も多いはず。結露加工したものは結露による窓へのまとわり付きを減少し、水分や汚れの吸着を防ぐ。

防災カーテン
消防法に定められた「防炎性能試験」に合格したもの。ホテルなどの商業施設や公共施設用かーてんが多いが、一般住宅用のものもある。住宅防火安心マーク住宅用の防炎機器の構造や性能などに関するガイドライン「住宅用防災機器等推奨制度」に適合したカーテン。

 

カーテンを選ぶ

窓の装飾を考えるとき、はじめに色や柄を決めてしまう人が多いようですが、生地が決まってしまうことで選択範囲がせばまり、後悔することになりがちです。
最初はどんな部屋にしたいのかというテイストを決め、つぎにカーテンかシェードか、あるいはスクリーンやブラインドかなどのアイテムをセレクト。
そして最後に色や素材、カーテンならばこんな生地をという順にすれば、変化に富んだフレッシュなウインドトリートメントが手に入ります。テイストはモダン、カントリー、クラシックなどさまざまなジャンルがありますが、そうした具体的なイメージでなくとも「部屋を広く見せたい」「さわやかでシンプルな感じ」「ゴージャスにしたい」などでもOK。どんな部屋にしたいかがあらかじめ決まっていれば、その後はスムーズに進むでしょう。
また、インテリアと色を合わせたい場合は、内装、家具、カーテンの順に決めることをすすめします。家具よりもカーテンなどのほうがテイストが豊富で合わせやすいからです。

カーテンの場合
色と柄、ひだの多少などによってどんな部屋にもできるのが強み。

シェードの場合
裾にデザインがあればクラシックな雰囲気に、なければすべての部屋にOK。

スクリーンの場合
カジュアルまたはシンプルな部屋にぴったりです。

ブラインドの場合
ひだがないので印象がシャープです。シンプル&モダンな部屋向きです。

 

種類について

カーテン
最もポピュラーな窓装飾で、種類やスタイルの豊富さが魅力です。
窓に取り付けるものとして真っ先に思い浮かべるものがカーテンでしょう。カーテンは左右に開閉する窓掛けの総称で、色や柄やスタイルなどのバリエーションが非常に豊富。オーダーやDIYなどで手軽に幅、丈ともに、窓にぴったりにつくれるのが大きな魅力です。
カーテンは一般的に生地の構造によって以下の3種類に分類されます。

ドレープ
太い糸を使用した重量感のある生地の総称。装飾性が高く、遮光性、遮蔽性、防音性、断熱性などさまざまな機能を備えているのが特徴です。
平らな生地に絵柄をプリントしたものを「プリント」として区別する場合もあります。
レース・ボイル
透明感のある薄手の生地で、編み機を使って編まれたものがレース、織り機で織られたものがボイルですが、一般的には薄手の透けるカーテン生地を総称して、レースまたはしアーと呼ばれています。
ケースメント
ドレープとレースの中間的なカーテン地です。一見するとレースに見えますが、レースよりも素材的にバラエティーに富んでいて柄物も多く、単品でもドレープとの2重掛けでも使用できます。

 

基本はドレープカーテンとレースカーテンの2重掛け
外からの視線や音の遮断、保湿などの機能面と見た目の美しさから、カーテンスタイルはドレープと、レースまたはケースメントの2重掛けにするのがスタンダードです。カーテンは次々と新しいスタイルが開発されていますが、最近の傾向としては、ひだをとらないフラットな掛け方の住まいも多くなりました。
タペストリーとしても楽しめるような魅力的な柄の生地が増えているのですが、生地使用量一般的なカーテンの約半分で済むというお得感も人気の理由でしょう。
まわりの視線があまり気にならない窓の場合はドレープを用いずにレースやケースメントだけという掛け方も好まれています。ロマンチックにひだをたっぷりとったスタイルカーテンや、無造作に窓にひらりと留め付けただけのような軽やかなスタイル、あるいは、1枚はオーソドックスなオフホワイトのレースでもう1枚は色もののレースなどにしても、厚地のカーテンでは出せない軽やかでやわらかな雰囲気を演出できます。

 

シェード
モダンからエレガントまでバリエーション豊富です。
左右に開閉するカーテンに対して、メカニックレールを使用して上下に開閉するのがシェード(ローマンシェードとも言う)です。これまではシェードは結婚式場やホテルなどのロビーなどで見られる、たっぷりとひだを寄せた豪華なものが主流でしたが、最近はシンプルなものも多くなっています。
いちばんシンプルなのがプレーンタイプで、閉めるとフラットになってカーテンよりも重圧感がないため、狭い日本の住宅向きとして人気が出ています。
バーを入れてひだの形を際立たせたシャープタイプ、透ける生地に透けない生地を縫い付け、その開閉によって日光や視線をさえぎる調光式タイプもあり、これは1枚でレースカーテンとドレープカーテンの役目をするので省スペースです。2枚のシェードを1つのメカニックレールに取り付けて、それぞれ個別に昇降させられるツインシェードも同じく省スペースです。
バルーン、オーストラリアン、ムースなどの種類のシェードは、エレガントなインテリアスタイルにはグッドなアイテムです。
装飾的な目的で取り付けられることが多く、場所によっては開閉操作のできないタイプにして、どんなときでも美しいウェーブを見せ、ロマンチックな窓辺を楽しむ場合も。
シェードに使う生地は、ベルベットなど生地が厚めだと適さないものもあるので、カーテンほどではありませんが布地の選択肢が非常に多く、イメージ通りの色や柄を探すことができます。
ひだをたっぷりにしたいときは、光沢のある生地や薄手のものを選ぶと、ウェーブの陰影を効果的に演出できます。

スクリーン
上下に操作するロールスクリーンとプリーツスクリーン
ボリューム感のないすっきりとした感じがモダンインテリアに合います。
布やレース、和紙、竹などの表面を加工したフラットな窓掛けをスクリーンといい、代表的なのがフラットなロールスクリーンです。1枚の布をくるくると巻き上げたり下げたりするもので、好きな高さで止められるので、主に日光や上からの視線などをさえぎるのに便利です。
片手でも開閉できるスプリング式、ひもを引っ張るコード式、高い窓にも使える電動式の3つの操作方法があります。フラットながらプリーツ状のたたみぐせがつけられているのがプリーツスクリーンで、1枚のプリーツを上げ下げするシングルタイプと2枚からなるツインタイプとがあります。
ツインタイプは別々に上げ下げできるので、外側をレース状の薄い素材に、内側を不透明な素材にすれば、遮光と採光が上下で同時にできます。

左右に開閉するパネルスクリーン
上下に操作するタイプに対して1台のメカに2~7枚程度の生地を吊り下げ、左右にスライド開閉するのがパネルスクリーンで、縦方向のどこかだけを目隠しできるのが特徴です。
パネルは1枚ごとに好きな生地や柄を組み合わせられるので、レインボーカラーや同色系のグラデーションにしたり、2種類の柄を交互に組み合わせるなどさまざまなコーディネートが楽しめます。
スクリーンはいずれも設置や開閉の手軽さから、遮光や目隠しのほかに間仕切りとしても重宝です。たとえばキッチン前にロールスクリーンがあれば、急なお客様から流しなどを隠したい時などに、さっと仕切れます。ただしロールスクリーンは構造上あまり幅広には作れないため、開口部の大きな場所や大型の窓にはパネルスクリーンがおすすめです。パネルは方方向に開閉する片開きと、中央から左右に開閉できる両開きとがあります。

関連記事

  1. ラグ
  2. 家具選びの基本ポイント~ダイニングチェア選びのポイント
  3. TVボード
  4. おすすめLEDシーリングライト
  5. チェア
  6. 家具選びの基本ポイント~照明選びのポイント
  7. 家具選びの基本ポイント~ベッド選びのポイント
  8. 家具選びの基本ポイント~ローテーブル選びのポイント

おすすめ記事

住まいのニュース|政府・住宅ローン減税を3年延長で調整

政府・与党は消費増税対策として、住宅ローン減税を3年延長することを最終調整しました。住宅ローン減…

平成30年不動産税制~居住用財産を譲渡した場合の課税の特例

住居用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除の特例・特例の概要個人が、住居用財産を譲渡し…

建築物の設計等の業務を契約する際の新たなルール

平成27年6月25日に施行された改正建築士法建築物うぃ建てる際には「建築士(建築士事務所)」が建…

リフォームと併せて耐震改修工事を行う

耐震改修工事とリフォームを併せて実施する耐震改修工事をする際、省エネ化やバリアフリー化のリフォー…

耐震リフォームの補助金制度

耐震リフォームをできるだけ安くするには、補助金制度や減税制度を活用すると良いでしょう。各区市…

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP